高校生の頃の初めてのアルバイトの時給は800円でした。

時給を決める要素とは。
時給を決める要素とは。
時給を決める要素とは。

高校生で時給800円はお小遣いとして十分

高校生の頃の初めてのアルバイトの時給は800円でした。仕事内容は一時間半の仕事で運送会社のトラックの荷台を片付けることです。仕事をしていくうちに片付ける場所を覚えれるので基本的に難しいものでなく、体力面においても女性でもこなせる程度で、体を動かすことが得意な人にとっては良い仕事です。また、一人で黙々とする仕事なので、作業ペースも自分で考えていくことも楽しかったです。平日のみ1時間半の仕事なので、1日1200円でした。1ヶ月働くと約2万円になるので、私にとってはお小遣いとして十分でした。

アルバイトをするまでは親からお小遣いを貰ってましたが、自分でお小遣いを稼いでいるので親からは当然貰えなくなりました。甘くも厳しくもない親ですが、貰えないのは当前のことだと、ごく自然に自身も考えていました。給料から貯金もし、ほんの少しずつですが貯まっていくことが嬉しかったですし、買いたい物があると目標も持つことで楽しかったです。

時給800円は地域によって安い高いとの意見が分かれるでしょうが、私の地域では時給800円は高校生にとって高い部類になります。また、住んでいる県の今現在の最低賃金よりも高いですし、当時の最低賃金は更に低かったことを考えると、高校生にとっては高い時給でした。